電気の引き込み工事

 

電気の引き込み工事を行いました。

 

電気の引き込みとは、

電力会社の電柱から引き込み線を繋いで電気を送ることができるようにする作業のことです。

電力会社への申請も必要となるため、登録電気工事事業者のみが出来る作業です。

 

①敷地内にポールを立て、引き込み線を通していきます。

 

引き込み線の取付高さにも規程があるため、建物の近くにもポールを立てて高さ調整をしています。

 

③電気工事士が出来るのはここまでです。

後日、今回通した引き込み線と電線を繋ぐ作業を電力会社が行い、電気が使用できるようになります。

 

 

幹線を3本使用する「単相3線式」です。

 

 

近頃はIH調理器やエアコンなどで200ボルトの電気機器も多くなっているため、

単相3線式(単3)が主流となってきています。

現在の契約が30アンペアで、ブレーカーがよく落ちてしまう場合は、

40アンペアへの切り替えをお勧めしますが、

単相2線式(幹線が2本)の場合は、

単相3線式(3本線)で引き直す必要がありますのでご相談ください。


デンキのことなら お任せください!

·     エアコン取付、修理、クリーニング

·     コンセント、スイッチ修理

·     外灯取付

·     センサーライト、防犯カメラ取付

·     地デジ・BSアンテナ修理、取付

·     浴室換気扇交換

·     トイレ温水便座取付

·     照明器具取付

·     台所換気扇取付

·     流し元灯交換

·     ブレーカー交換

その他、デンキのことで困ったときはご相談ください。